カート
8,000円以上で配送無料でお届けします★

ブルーベリーは犬にとって安全?食べても大丈夫?

Dog Standard ドッグスタンダード
ブルーベリーは犬にとって安全?食べても大丈夫?
ブルーベリーは犬にとって安全か、食べることができるかという質問が多くあります。人間が食べることができる食べ物のすべてが犬にとって良いわけではありません。食べ物によっては、犬にとって毒や致命的なものになる場合のものもあるからです。

ブルーベリーは犬にとって安全か?

アメリカの獣医師と獣医栄養士は、ブルーベリーが適度に犬にとって安全であると判断しています。ブルーベリーは、度々、市販のドッグフードや犬の治療薬(サプリメントなど)に含まれています。脂肪が少なく、ビタミンCと繊維が多く含まれているのが特徴です。 ブルーベリーは実際に犬に効果があるということが、研究では確認されていませんが、いくつかの研究ではブルーベリーを摂食することで、いくつかの効果が示されています。 1つの研究は、2006年にアラスカ大学によって実施されたものです。この研究では、そりをする犬がブルーベリーを栄養補助食品として摂取した結果、犬は、抗酸化物質のレベルが上昇していたことがわかっています。抗酸化物質が癌や心臓病などの病状を克服するのに役立つため、ペットに良い影響を与える可能性があります。

どれだけ与えるか

毎日ではなく、時々与えることをお勧めします。ブルーベリーを与えすぎると、胃の不調や下痢を引き起こすことがあります。また、ペットが胃や消化器の問題がある場合などは、獣医に相談が必要です

ブルーベリーを与える方法

洗浄した生のブルーベリーが一番、最善の与え方かと思います。 しかし、パンケーキや、パイ、マフィンなど、人間の食べ物に含まれるブルーベリーは与えてはいけません。問題はベリーではなく、そのベリーが吸収している糖分があまりにも多いことが問題だからです。

前の記事 新しい記事