カート
8,000円以上で配送無料でお届けします★

フィッシュオイルサプリのオメガ3脂肪酸は犬の認知症の予防になる?!結局よくわかっていない効果。

Dog Standard ドッグスタンダード
フィッシュオイルサプリのオメガ3脂肪酸は犬の認知症の予防になる?!結局よくわかっていない効果。
犬の認知症を予防する食材として、フィッシュオイルサプリに含まれるオメガ3脂肪酸の名前がよくあがります。弊社でも良質なフィッシュオイルサプリを、ドッグフードに配合しています。 オメガ3脂肪酸の含まれるフィッシュオイルサプリ(魚油)が、犬の認知症などを予防できると、ネットで情報が飛び交っていますが、実はこの話、一人歩きしてしるのでは?と考えています。 フィッシュオイルに対しての認知症への予防は、多くの研究機関が実施してきましたが、アメリカの大手衛生機関であるNIH(国立衛生研究所)では、フィッシュオイル(魚油)が結果的に認知症への効果は”わからない(効果がない)”と言うことを発表しました。 [caption id="attachment_1299" align="aligncenter" width="882"] (写真:アメリカ国立衛生研究所のHPより)[/caption] ただし、他の研究結果で、皮膚にはいいという結果は出ているため、フィッシュオイルサプリの良さと、情報の一人歩きをここでお書きしたいと思います。一生懸命、犬に飲ませてる飼い主様も一度この記事を読んでいただき、効き目の整理をしていただければと思います。

①まずはいい話!!フィッシュオイルは皮膚に良いと言うこと

フィッシュオイル(魚油)は、EPAやDHAといったオメガ3脂肪酸が豊富に含まれていますが、これらは人の体内、犬の体内から形成されることはありません。京都大学の研究によると、皮膚アレルギーに対しては、”レゾルビンE1"と言う脂質代謝物の一つが、皮膚アレルギー反応を抑制するということがわかりました。 [caption id="attachment_1301" align="aligncenter" width="944"] (写真:京都大学HPより)[/caption] また、アメリカのメリーランド大学の研究によると、1.8gのフィッシュオイルを12週間飲み続けた、湿疹の多い患者に対して、改善があったことを発表しています。 フィッシュオイルに含まれる成分は、皮膚の潤いや、老化を予防し、健康な肌の維持に努めてくれることもわかっており、これにより、フォッシュオイル(魚油)に含まれるオメガ3脂肪酸の成分は皮膚に対しては効果があると判断でき、弊社のドッグフードでも配合が決められました。 参考文献:米国科学誌「The Journal of Experimental Medicine」:https://repository.kulib.kyoto-u.ac.jp/dspace/bitstream/2433/209901/1/jem.20150381.pdf

②フィッシュオイル(魚油)のサプリに含まれるオメガ3脂肪酸が認知症の予防にならないという理由

魚油サプリメントであるフィッシュオイルが 認知症や物忘れを抑制する効果はないとする研究結果が発表されています。5年間で4000人を対象に、研究されています。 一般的に、サーモン、まぐろや青魚など、オメガ3脂肪酸が含まれる食材を取り入れた場合、効果はあると言われていますが、サプリメントでは、効果は立証されませんでした。研究内容として、年齢の平均が72歳の男女に無作為に、オメガ3脂肪酸の含まれるサプリメントと含まれないサプリメント2年から4年、効果を調べたところ差異が生まれませんでした。 この結果は、他の研究でも多く取り上げられていますので、オメガ3脂肪酸が認知症に良いというのは、言い切れないと判断しています。 この記事を書くと、犬は違うのではと言われますが、一般的に、食品や薬品に関する実験は、マウスや動物が先に行われ、採取的に人間となります。人=犬ではないですが、マウス=人でもありません。でも実験はマウスで効果があると人にも効果があると考えられます。ご理解をください。

犬への、EPAやDHAなど(オメガ3系脂肪酸)の摂取を自分でされたい場合は、できるだけ、購入できる青魚やナッツなどをおすすめしています

・青魚 ・ナッツ類 ・エゴマオイル(熱に弱い) ・アマニ油(熱に弱い) 老化というのは、自然な事ですし、こういった栄養を取ったとしても、絶対的なものではありません。 生活環境や、遺伝的なものでなってしまう場合もありますので、大切な事は、しっかりと犬の体調を見てあげる事と、予防のためにできるだけ犬への食事を選んであげることかと思います。

前の記事